読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(°_°)電子日記帳(°_°)

日常の記録及びどーでもいー話をするブログですぞっ。

君に、胸キュン。  

プロレス

こんばんは。

暑くて眠れない…!!ということで目がサエサエなのでギラギラしながら日記を書きます。

本日の日記タイトルは私の大大大好きなバンドの曲のタイトルから引用しておりますが、

直接的な関係のない内容となっております。

またタイトル詐欺です。またやってしまいました私。申し訳ありません。。

いつか、冷静な気持ちのときにこのバンドに関する日記も書きたいデス。

 

大日本プロレスの興行に行って来た話

○先日、忌々しい仕事を終えた私はフラ~リと上野公園に出向きました。

その目的は…ポケモンGOをちょっとやるのと、大日本プロレスの興行を見ること!!ムッハー!

途中で道に迷い、会場にたどり着けず冷や汗をかくというハプニングに見舞われつつも

休憩がてら道のはじっこに突っ立ってポケモンGOをやり

コイキングをGETしテンションが上昇したり

セミの鳴き声がすごくてトランス状態に陥りそうになったり

夏の上野ならでは(?)の楽しみを満喫し

「さて、コイキングもGETできたし、そろそろ帰るかね…」

などとしょうもないことを考えているうちに会場へ到着!!

 

 

○当日券売り場には、なんと…

大日本プロレスのベテラン選手、伊東竜二選手がとても頼もしい面持ちで座っており、

とてもスムーズかつ爽やかな応対で、チケットを売ってくれました!!

コイキングをGETして上がったテンションがさらに上昇!!

自由席ということで、迷わず最後列の席をGET!!

f:id:uudd-lrlr-ba:20160806012426j:plain

 

○せっかくの自由席なのに、前方に行かずによりによって最後列の席をGETしたのには理由があります。

この日の興行のメインイベントは…

「窒息寸前・水地獄!緊張の夏!大日本の夏!あなたの知らないサマーバケーションレスリング!
ポセイドンアドベンチャー・スプラッシュマッチ」

そうなのです。(謎

ポセイドン=海をつかさどる神様が登場し、とにかく水しぶきがすごい試合なのです。

事前に、過去のポセイドンアドベンチャーの映像を友人から見せていただいていたので

前のほうで見るなら新聞紙、レインコート、傘、レジャーシートなど、防水対策をしなければ、びちょびちょになる。。という認識でおりました。

(私が見たのは新木場1stリングで行われたポセイドンの映像でした)

で、上野のステージに行ってみたら、規模は大きいけれど客席とリングの距離がわりと近いので、真ん中くらいの席でも余裕で水が飛んで来そうでした。

ということで、最後列ならさすがに大丈夫だろうと思っていました。

念のためタオルを持ってきましたが、おそらく汗拭きの用途にとどまるだろうと思っていました。

 

 

○試合が始まってみたら、最後列はやっぱり大丈夫で、真ん中くらいまではびちょびちょになってて、黄色い声援というよりかは悲鳴に近い声が響いていました。

「おおぉこりゃスゴイ。最後列でよかった。ここなら大丈夫だろう」

安堵感に包まれつつも眺めていると、近隣の席のみなさんが続々と席を立ち、足早に走りはじめました。

よく見てみると、水をまきまくってるヘラクレス千賀選手!!!!

容赦なくバリバリ水まきしてる!!!

一見、打ち水をしている近所の感じのいいオニーサンですが…もう日も暮れているし、みんな逃げ回っているし、異様な光景でした!!

それからもうずっと、最後列も緊迫したゾーンと化していったのです。

f:id:uudd-lrlr-ba:20160806012530p:plain

岡林選手が来て、水風船を延々と投げ続けていたり…バラモンケイ選手がバケツで水をまいたりしたり、、、

それでもなんとか逃げ続けて、無事に、無傷(?)でいられました。

そう、アノ時までは…←

 

○逃げ疲れつつ、落ち着いてみていたら横から悲鳴が!!!!

見たら、木高イサミ選手が炭酸水の入ったペットボトルを持って走っていた!!!!

みんな、逃げる、逃げる!!私も逃げる!!!

逃げた先に、すこしくぼんだスペースがあり、ホッとしながら「さすがにここまでは来ないっしょ~」と思いつつ振り向こうとしたそのとき

背中にブシャーー!!っと炭酸水が…!!!!ギャー!!!テンションMAX!!!!!!!

 

背中がヒヤッ、胸(心臓)がキュンとした瞬間でした。←

寿命が縮まったような気もしますが…体温も低下して、熱中症対策にもなったような…!?

 

振り向ききらなくてよかった…@@

そして、タオル持っててよかった~~~~@@@@@

さすがにその後は無事でしたが、放心状態のままでした…!!

やがてポセイドンが降臨し、試合終了いたしました。

いや~すごかったです。会場が水浸しでした。

安全地帯は無いということを学びました。←

 

 

 

○プロレスの観客は、あくまで「見て、応援する」ものであり

選手に接触したり、接触されたり、試合そのものに関わることはあまり無いという風に考えておりましたが

ポセイドンアドベンチャーは観客も試合に間接的に参加するという形の試合であるということを身を持って実感いたしました。

とても楽しいです。万人にオススメできるものではないかもしれませんが、私は楽しかったです。

炭酸水を思いっきりかけてくれた木高イサミ選手のことを忘れません(@▽@)笑

どうもありがとうございました。

 

 

○あと思ったのが、チケット売り場の伊東選手だったりとか物販にレスラーのみなさんがいて、手売りしてくれることのすばらしさ。

結構、ファンのヒトが買い物ついでにレスラーのかたと写真を撮ったりしてました。

直接感想を言えたりもするし、ファンとの距離が近いことはとても良いのうと思いました。

 

○そんなわけでタオルやうちわを駆使して、なんとか半乾きくらいにもっていった私は自宅に帰るのでありました。

今度行くときは着替えとか持って行ったほうがいいかも~なんて思いました。

 

 

このポセイドン、また近いうちにやるかもなので、ちょっと変わった試合が見てみたいというかたはぜひ行ってみてください!

防水対策はマジでお忘れなく…!!

 

 

 

と、今回はまともに推敲もせず投稿します。

以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

燃えよデブゴン(@_@)

日常

今回の日記のタイトルはサモハン氏の名作シリーズ(10作目ではなんと詠春拳が登場)からお借りしておりますが、その作品のレビューではありません。

タイトル詐欺というヤツです…すみません…(TT)

今日の日記は日常的なハナシです。

 

 

金曜日のできごと

先日、都内某所にて前の職場の先輩がたとゴハンを食べに行きました。

いろいろお話できて楽しかったのですが、その楽しい時間があっという間に終わってしまって

帰り道「もっと話したかったーー!!!TT」という思いにかられつつも、泣く泣くウイング号で帰宅しました(京急ネタ)。

そこで再会した皆さんは前回お会いした時と比較してスマートになっていました!

トレーナーさんとのトレーニングをされているかたや、ご自宅にてトレーニングをされているかたもいて…皆さんスゴイ!!

一方、私はトレーニングは順調でも、減量は全然ダメ…なので、もっと努力しなければ…!!

自分磨きをもっとがんばるぞ~っと奮起しつつ眠りにつくのでありました。

 

 

土曜日のできごと

この日のテーマは「他力本願の自分磨きデー」。←自分磨きを頑張る決意の翌日がコレ

まず、かねてから自宅で挑戦しては失敗していたネイルをお店でやってもらおうと、

近所にあるネイルサロンに行きました。サロンのスタッフのかたと他愛もない話をしつつ、施術していただきました。

初めてなのでシンプルにやってもらいましたが、とてもキレイでツヤツヤでビックリです。。自分の爪とは思えません…!

f:id:uudd-lrlr-ba:20160724211802j:plain

手のシワ隠しの加工をがんばったら見づらくなってしまった…!!

 

 

そして次は美容院に行き、散髪&トリートメントをしてきました。

これまたありがたい感じに切ってもらって、髪の毛もツヤツヤになり、満足。

満足感に満ち溢れた表情で眠りにつくのでありました。

 

日曜日のできごと

この日のテーマは「自力の自分磨きデー」。

自分磨きとちょっとそれますが、午前中は洗濯、午後イチで祖母に会うため、祖母のもとへ行きました。

そして帰ってきて夕方からジムに行き、トレーニングをやってまいりました。

 

筋肉痛の訪れなくなった部位のトレーニングに関しては重さを上げたり、

重さが変えられない自重トレーニング系は回数を増やす&インターバルを少し短めにとる

などなど、効果があがるかは定かではない、自己判断でのメニュー改定を行いました。←

筋肉痛よ、でてこいやー(@_@)

そして疲労により食欲減退していたためプロテインを飲んで帰宅しました。

(背景に映りこむチラシ広告は載ってていいかわからないのでモザイク&

プロテインドリンクの表面が泡まみれで、見た目的に蓮コラっぽいかもと判断したのでモザイクしました;;)

f:id:uudd-lrlr-ba:20160724212620j:plain

 

そして今に至ります。

これから逆転裁判6の続きをやるか、何かHuluで動画を見るか、明日に備えて早く寝るか考え中です。。。

 

こんな感じで引き続きいろいろトライ&エラーをしつつ、ステキなヒトの仲間入りができるように頑張りますぞ~。

 

たんなる日常話でしたが、読んでいただいてありがとうございました。

ポケモンGO

メールざれごと

メールから更新すると、Twitterには反映されないようです(・・;)

ところで!

今流行ってるポケモンGO…。

聖地とされている鶴舞公園が相当盛り上がっているらしいですが

そのニュースを聞いて「名古屋はええよ!やっとかめ」という曲の

鶴舞公園に集まってよ~♪いきなりやったろみゃーか、オリンピック~♪」というフレーズを思い出して

もう私も歳だなぁという実感がorz

昔は「おもしろフラッシュ」にハマってたんですよ…友達の家とか行って、みんなで見て爆笑していたんです…。もう10年以上前の話ですよ…(・・;)

ほんでもってこの「名古屋はええよ!やっとかめ」とかもフラッシュであってですね…。よく見ていたんですよ…。

何もかもが懐かしい…。

ポケモンGOもちょろっとやってます!

自分の部屋で、ズバットイーブイゲットしました~(°▽°)

社会からみて、KYにならない程度に遊んでみますー!

ド日記

映画 日常

意味不明なタイトルですが、今回の日記では覚え書きの意味も込めて香港の俳優さんであるドニー・イェンさんに関する最近の出来事を書きます。

時系列バラバラです。

ドニーさんって誰だ!?というかたにざっくりと紹介させていただくと、

香港で活躍している俳優さんで、カンフー系映画によく出演しています。

彼の製作(出演)する映画のアクションシーンがとても格好いいことや、とてもユニークな面もあることで人気のある俳優さんなのです。

 

 

ドニーさん、「踊る!さんま御殿」に出演??

数週間前のさんま御殿スペシャルにて、EXILEAKIRAさんが「最近ショックを受けたこと」というテーマで、中国でのとあるエピソードを話していました。

 

 

「精武風雲」という映画のロケで中国に行った際、AKIRAさんが乗っている車のまわりに人だかりができていたそう。

その人だかりがドニーさんファンとは気づかずクールに降りてみたら、

ドニーさんが降りてくると勘違いしたファンがみんなでAKIRAさんを見た途端「アイヤ~」とガッカリしていて少しショックだったそうです。

 

 

このエピソードを話すときに、ドニーさんのことを紹介したり、「精武風雲」がブルース・リーの「ドラゴン 怒りの鉄拳」の続編みたいなもの、と紹介してくれていて

AKIRAさんいい人だなぁ~と思いました。

紹介しているとき顔写真も出ていて、「ドニーさん、ゴールデンタイムの地上波登場!!やったー!!」と嬉しくなりました。

 

ちなみに「精武風雲」では、ドニーさん扮する主人公が、「グリーン・ホーネット」のカトウのようなコスチュームで戦っているシーンが非常に格好いいです。


donnie yen fight scene 2 (the legend of fist the return of chen zhen)

 

 

スター・ウォーズ」の最新作への出演!


『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』セレブレーション特別映像

恥ずかしながら、スター・ウォーズの過去作品ちゃんと見たことがないので、どういうポジションなのかはわかっていないのですが…(スター・ウォーズファンの皆様すみません)

ドニーさんが棒または素手で、敵と戦っている姿が見られて嬉しいです!

どんなストーリーなのかも気になります!

時系列でいうと、何作目の近くのお話なんだろう~とかも。。

公開まで時間はたっぷりあるので、過去作追っかけてみたいデス。。

 

 

トリプルX」最新作に出演!!!


『xXx〈トリプルX〉:再起動』 | Trailer #1

こちらも恥ずかしながら過去作はまだ見ていないデス…orz

なんと、「ワイルド・スピード」シリーズでおなじみのヴィン・ディーゼルさん主演の映画のもようです。

この予告、躍動感がハンパないですね!

こちらのドニーさんは肉弾戦あり、銃撃戦ありな感じでしょうか。

また、この作品にはタイの俳優さんであるトニー・ジャーさんも出演しているという…

この予告でいうとアクロバティックにバイクに乗っている金髪のお兄さんです。

キャスティングしてくれた人よ…本当に…本当にありがとうございます!!!!!(号泣

 

 

おそらくこの作品の撮影中に撮られたと思われる、ドニーさんとトニーさんがチーサオ的なことをしている動画も上がってました。


Donnie Yen vs Tony Jaa Treinando luta nas gravações de Triplo X 3 (xXx - 3)

 

トリプルXは来年2月ごろの公開予定だそうです。

 

 

と、駆け足?でドニーさんの最近の動きをまとめてみました。

スター・ウォーズ効果で知名度UP→イップマン3公開とかに繋がりますように!

 

 

以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

西島秀俊さん&香川照之さん劇場「クリーピー」みた(ネタバレ有/後編)

映画

こんばんは。前編から約1ヶ月経過してしまいました。。。スミマセン…。

映画「クリーピー」ネタバレの続きです。

もう上映期間は終了してしまったかもしれませんが、「ネタバレ困るよ~~TT」というかたは、またよろしくお願いします!

「ネタバレいいよ~ん」というかたは、読んでいただけるとうれしいです。

 

前編に引き続きこの作品の怖~いポイントを紹介します。

 

怖~いポイント③夫婦の仲のよさにある恐怖

高倉の奥さんは、当初は夫婦仲が良かったけど、途中で西野に洗脳されてしまうという展開があります。

実は夫婦仲が良かったころの映像でもなんとなく違和感が…!?

この違和感が、洗脳されてしまう展開への伏線だったのかもしれませんが。。

西野の家に挨拶に行って、ちょっと不快な思いをしたという報告をするシーンもなんとなく会話がぎこちないような…

キャッチボールができていないわけではないのですが、うまく表現しづらい違和感がありました。

高倉が、大切な局面で奥さんを一人にしてしまったりとか…。

高倉ばかりが悪いわけではないと推測しますが、なんとなく二人の絆があまり強くないのかなぁと感じてしまうシーンがありました。

 

 

終盤で、西野を殺害した高倉が奥さんと抱き合って、奥さんが泣き叫ぶシーンがあります。

西野を殺害したことや、それまでのことも含めて

これから待っているであろう未来はあまり明るくないというのが容易に想像できますが、

どんな未来でも二人で手を取り合って進んでいこう、という誓いをしているようにも見えて、

二人の絆が深まった幸福感とともに、未来に関する絶望感もセットでやってきて複雑な気持ちになりました。。

 

 

怖~いポイント④人体真空パックの恐怖

この映画の、視覚的な怖さを象徴するシーンでもある「人体真空パック」製造シーン。

西野は、いろんなヒトを殺害しては、証拠隠滅のために真空パックにして隠すという悪すぎるヒトでした。

その製造シーンがエグくてエグくて少し引きました。

なによりも、その作業をたんたんとこなす西野&西野に洗脳された少女&高倉の奥さんに恐怖を覚えました…

おそらく、正気でできる作業じゃないと思います。。。

 

少し脱線しますが、私が高校生のころMTVでやっていた、日本版ジャッカスをうたった番組「Tempura」で生きている人間を対象に真空パックやっていたのを思い出しました…。

Don't try this at homeですよ~。マジで。良い子も悪い子も普通の子も大人も真似しちゃダメです!!!

 

 

 

怖~いポイント⑤西野が結局何者なのか不明なまま作品が終わること

映画の中で得た情報だけでいうと、「西野」とされていたヒトは

おそらく水田家の皆様を殺害→真空パック→逃亡→逃亡先で西野夫婦を殺害→(以下略)

そして高倉に殺害されなければ、今度は別の家に行って同じ事を繰り返す予定だったんだと思います…何の罪悪感もなく!とても迷惑&腹立たしいデス。

腹立たしいこのヒト、最初の犯行の動機もわからなければ、近所の田中さんちを爆発させた理由も不明。(野上君を殺害する目的なら自宅で殺害するという手もあったはず?)

田中さんから「あいつは鬼だ!!」と不評まみれだった理由も不明。

自分の理解力が不足しているのかもしれないのですが、このヒトの背景が全くわからずとても怖い気分に…彼はいったい何者なのでしょうか!?

作中で言われている、「サイコパス」ということで説明がつくのかもしれないのですが、本当にそれだけなのかなぁとも思ってしまったり…。

あえて映画の中で描写しないことによって、見るヒトの想像に委ねてくれているのかも??

 

 

 

 

と、少々駆け足になってしまいましたが、「クリーピー」は全体的に恐怖感と違和感が漂う映画でした。

後味はあんまり良くないですが、西島さん&香川さんをはじめとする出演者のみなさんの演技がとても素晴らしかったです。

中だるみ的なシーンもなく、スッと始まってドーンと終わる感じです(謎

香川さんは当初、悪役の教科書になるような演技になる予定だったそうですが、かなりの変化球で来てました(ぁ

でも、あれくらい振り切れているのも、それはそれでまたイイのかもしれません@@

夏の暑い日に「ヒヤァ…」っとしたくなった時にオススメです!

 

以上、読んでいただきありがとうございました。