読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(°_°)電子日記帳(°_°)

日常の記録及びどーでもいー話をするブログですぞっ。

2014年総括(映画関係~)

映画

 

本日は出かけるまで時間があるので日記を書きます。(・ω・)

 

2014年に見た映画いろいろまとめ(新作&旧作)

いろいろな人が、映画ランキングとかを書いてくださっていて、見ててとても楽しいのですが

自分は恥ずかしいことに映画ランキングとかを作れるほど多くの作品を見ていなかったので

勝手に賞を設立して勝手に表彰させていただきます(●∀●)

一部ネタバレもあるかと思われるのでタイトルを見て「あ、これ見ようと思ってたやつだからアカン」な感じでしたら、読み飛ばしてあげてください~。

 

●見てよかった映画だったで賞(新作)…「そこのみにて光輝く

 


映画『そこのみにて光輝く』予告編 - YouTube

 

 

こちらの映画はとある方のオススメで拝見いたしましたが、見た後の余韻の残りっぷりがダントツでした。

なんといってもヒロインの池脇千鶴さんの背中が印象的でした。

「背中で語る」とはこういうことなのか…と…

絶望感に満ち溢れているストーリーとは対称的なきれいな風景なのも印象的でした。

 

●見てよかった映画だったで賞(旧作)…「それでも夜は明ける

 


映画『それでも夜は明ける』予告編 - YouTube

 

公開は今年?だったかと思われますがDVD観賞だったので旧作扱いとさせていただいております。

この映画を見て初めて「自由黒人」や「自由証明書」という単語の存在を知ることができました。悲しい歴史のひとつかもしれません。

奴隷制度は、今でもまだ色濃く残っているところがあるみたいです…。

主人公は文字の読み書きもできるけれど、ご主人様の前ではそういった部分を見せると

かなりまずいため、自分をずーっと押し殺しているのが見てて悲しくなりました…。

あと首吊りシーンやムチ打ちシーンの無情っぷりが…みなさまの演技がすごすぎて

どれも本気でやっているように見えて悲しくてしょうがなかったです。

それにしても、心温まるストーリーかと勝手に思っていたらかなりパンチが強くてしばらくブルーな気持ちになりました…。

それでも見てよかったと思います。

 

●アクションすごいで賞(新作)…「るろうに剣心(京都大火編/伝説の最期編)」「ザ・レイド GOKUDO」

 


『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』本予告編 - YouTube

 

どっちも好きなアクションで1作に絞れませんでした。←

るろうに剣心は原作未読なのでストーリー的な意味ではノーコメントなのですが

アクションでいうと本当に素晴らしかったです。剣を使った殺陣であんなにすばやくて殺気溢れてるのは映画の鑑賞本数が少ない自分的には初めてでした…!

佐藤健さん、すごい!

前作?の殺陣の練習風景(体育館みたいなところで練習している映像)を見たことがありますが

十分うまいのにご本人が納得いかなかったみたいで何度も何度も練習してて、

グッとくるものがありました。

あと、個人的に葵屋(だっけ?)の翁さんと蒼紫さんのバトルが結構グッときました。

こちらは剣を使った殺陣ではないですが、トンファーの有効活用っぷりが格好よかったです。

 

ザ・レイド GOKUDO」はもうしつこいほど感想を書きましたが

ラマをはじめとする登場人物みんなの戦いっぷりがすばらしいですねー。

アクションじゃないですがボス息子のショットガンのガチャガチャっぷりも好きです。


f:id:uudd-lrlr-ba:20150101223903j:plain

この映画を見て、インドネシアの伝統の武術である「プンチャック・シラット」の存在を知りました。

 

●アクションすごいで賞(旧作)…「リベリオン

 


映画「リベリオン」日本版劇場予告Type-A - YouTube

 

こちらは元職場の先輩がたと、今は亡き某映画館にてリバイバル上映していたのを見にいきました。

ちなみに同時上映は「チョコレート・ファイター」!すばらしいセレクトです。

クリスチャン・ベールといえば「ダークナイト」くらいしか認識がなかったにわかっぷりですがこの映画を見てハッΣ(゜Д゜)とさせられました。

ガン=カタ…!!この作品のすごいところは主人公が戦う直前の直前までじらす?というか、観客に「主人公…やっちまいなー!」と思わせる(勝手に私が思っただけかもしませんがw)というか、盛り上げて盛り上げてドッカーン!!な場面が多いところです。

カタルシス?というのかな?スッキリ感が味わえます。

子犬を保護しているのがバレそうになった時の一戦がお気に入りです。

ラストの白装束を着ての戦いもよかったです…!

 

●ベストなヒロインだったで賞…「そこのみにて光輝く」の池脇千鶴さん

上記にも書きましたが、本当にすばらしい演技をされていました。

池脇さんに対する個人的なイメージは、かわいらしくておしとやかそうな感じでしたが

この映画の池脇さんはかわいい+色っぽい+何か重いものを抱えている+優しい

という素敵な…

ちょっと大人向けの描写もあって驚きを隠せませんがとにかくすばらしいです。

 

●いい人だったで賞…「まほろ駅前狂騒曲」の瑛太さん&松田龍平さん

一作目の映画およびドラマ版未見で臨んだ本作品の鑑賞でしたが

瑛太さん扮する多田さんと、松田さん扮する行天さんが本当にいい人でした。

いろんなことをなんだかんだ受け入れている器の大きさに感激です(@∀@)

子守唄が「小指の想い出」というユーモアたっぷりな感じも良いです。

その後ドラマ版も見てみましたが、三浦誠己さん扮する警官も結構どうしようもなくて好きです。w

 

●なめてるやつで賞…「ザ・レイド GOKUDO」のゴトウ組のお三方(遠藤憲一さん、北村一輝さん、松田龍平さん)

演技はみなさま素晴らしかったですし、むしろこの三名がそろったら面白い映画が一本や二本撮れちゃいそうじゃんかーと思っているのですが

出番が少なすぎます…orz

本編の約2時間半のうち10分も出てないかと…

これはお三方ではなく制作サイドに贈呈するべき賞かもしれませんが…

次回作ではがっつりGOKUDOでお願いします。またお三方、出演お願いします!!!!

 

●ゲスの極みで賞…「そこのみにて光輝く」の高橋和也さんの『嗅ぐか?姉ちゃんの匂いするど?』というセリフ

今ちょっとこのセリフの解説(いきさつなどを書こうと思いましたが

書いてみた結果あまりにも下衆すぎて高橋和也さん扮する造園会社社長に対する憤りがMAXになってしまったので

割愛させていただます。

その後ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」でとても良いキャラクターを演じている高橋和也さんを見て

空気感が違ってて驚きました。

「この造園会社社長がすごい!2014」にもノミネート確実ですね。(謎

 

●まとめ?

今年はあまり多くの本数を見ることが出来ませんでしたが、

数少ない見た作品は、どれも良かったと思います。

今回の日記で取り上げなかったものの、お気に入り~な映画もいくつかあります。

来年もまた、素敵な作品に出会えることを楽しみにしております。

すでに公開が決まっているものでいくつか楽しみなものもあるので、今度またご紹介させていただけたらと…。

 

 

以上です。ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

 

よい年末年始をお過ごしくださいませ!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:uudd-lrlr-ba:20141231153201j:plain