読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(°_°)電子日記帳(°_°)

日常の記録及びどーでもいー話をするブログですぞっ。

【ネタバレ有】今更「シザーハンズ」を見ましたぞ!

どんどん書きますぞ!

 

映画「シザーハンズ」を見ました

この映画を見る前、シザーハンズ=「クロックタワー」のシザーマンと思っていたので

ホラー映画かな~と思って食指が進みませんでした。

また、ティム・バートン監督作品はあまり見たことがなかったので恐る恐る再生~

 

…………

とてもいいお話でした…!!!

なんでもっと早く見なかったんだろうか。

 

好きなポイント①シザーハンズがモリャモリャやってる(木とかワンちゃんのお手入れ)時のブワァァァァっといろいろ散っていくところ

あえてだと思いますがオーバーすぎるくらい画面いっぱいに切りくずがブワーってなるので

見ててとても楽しいです。

おちゃめな形で作ったりしててイイですね。

好きなポイント②ご近所のみなさん

ある日ペグさんが街のはずれの城からシザーハンズを連れてきてからの

ご近所のみなさんのシザーハンズへの評判が、とても身近なものに感じました。

ハタから見たら「何だこの人たち?」と思うかもしれませんが、それがなんかリアルで良いなあと…

ものすごい適当に書くとこんな感じです↓

シザーハンズが街にやってきた時…なんだこの人???危ない、変な人。。。

シザーハンズがお手入れをするようになった時…この人はなんでもやってくれるしユニークだな~使えるな~

※ここでご近所さんの一人はシザーハンズに迫ったりする

シザーハンズが空き巣疑惑で御用になってから最後まで…やっぱりあいつは危ない人だったんだ!街から出て行ってほしい…

※ここでシザーハンズに迫ったご近所さんは「シザーハンズに襲われた!」と吹聴する

ちょっとしたことですぐに手のひらを返してしまう感じが、いわゆる世間の目みたいな…

ヒーローだと思ってたけどちょっとした不祥事をニュースで見て、ケチョンケチョンに言ってしまうみたいな…

自分もそういう傾向が強いので、愚かだな~と思いつつ親近感がわいてしまいました。

 

好きなポイント③シザーハンズを作った発明家の城の機械たち

ジブリ作品とかでも機械がガシャコンガシャコンしているのを見るが好きなのですが

ティム・バートン作品でも見られるとは~

何の為に動いているかよくわからないのですがきっと何かの意味があるんだろう~的な無数の歯車たち…とてもキュンとしました。

 

好きなポイント④シザーハンズの人物像

人造人間ということもあって、たくさんの言葉を知らなかったり物事の善悪の判断がつかなかったり…

でもとても優しいところがあったり、で不思議な魅力があるように感じました。

また、シザーハンズは名前のとおり手がハサミやカミソリで出来ているため、触れたものを傷つけてしまいます。

本人はその人を傷つけたいと思っていないのに、傷つけてしまう…orz

人と人とのコミュニケーションでも、傷つけようと思っていないのに不意に傷つけてしまったり、傷つけられてしまったりすることがあると思うのですが。。。

なんかそんな感じに近いのかなーと…うまく言えませんが。。。。

それで…悪意をもっていないため、傷つけた相手から怖がられても、何故怖がられてしまうのかよくわからなくて、悲しい思いをする…みたいな…。

人の不器用なところのメタファー?と言ってしまってよいのでしょうか…。

こちらも、とても親近感がもてました。

 

ということで、シンプルなお話ながらも色々考えさせられたり、イイな~ポイントが多かったので見てよかったです。

 

以上です。ご清聴ありがとうございました!