読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(°_°)電子日記帳(°_°)

日常の記録及びどーでもいー話をするブログですぞっ。

【たぶんネタバレ】「探偵はBARにいる」ゆるゆる感想文

昨日、映画「探偵はBARにいる」を鑑賞しました。

ゆるゆる〜い感想を。。。

映画の雰囲気がイイ

雰囲気が、90年代の邦画っぽくて好きです!
映像もきれいだし、古くささもないんだけど、良い意味で、昔の映画っぽかったです。
具体的にどこが?と言われるとハッキリ言えないんですが空気感というのでしょうか??
なんとなくなんです。。。。

登場人物いろいろ

大泉洋さん扮する探偵も、モノローグおよび真面目シーンでは2枚目なんだけど基本3枚目で、よかったです。
松田龍平さんも相変わらず?ナチュラルな感じで高田さんという役を演じておりこれまた3枚目で面白かったです。走り方がとてもかわいらしい。
私よりも年上ですが、なんか近所のオバチャン的なノリで応援したくなる。

あと、、、、カトウ役のかた、最初どなただかわからなかったのですが高嶋政伸さんだったのですね!
あの気持ち悪さはプロ級でした。。。約束通りいやらしい本を掲げながらの登場は面白かったですが。
映画「スマグラー」では、彼のお兄さんである高嶋政宏さんがこれまたキモイ役を演じており
高嶋兄弟…恐ろしい子…!という気分にひたることができました。

北海道(札幌?)の街並みがキレイ
北海道、行ったことは残念ながらないのですがとても素敵な街に見えました!人生が終わる前に一度は行きたいです。

その他思ったこと
探偵モノはあまり詳しくなく、謎解き要素もありましたがいまいち謎がとけず
根拠のない「なんとなく」で黒幕を予想していたら当たってラッキーでした。
そのいきさつや動機もちゃんと最後の最後でよくわかるので、スッキリします。
このスッッキリ感、なんでだろー?と思ったら脚本がリーガルハイやキサラギを手がけたかただったのですね。納得。

近いうち続編も見てみよう〜

その前にジャージーボーイズ見よう!
そして
イコライザーも借りなくては!



見たい映画がたくさんあって、うれしい限りです。