(°_°)電子日記帳(°_°)

日常の記録及びどーでもいー話をするブログですぞっ。

いきなりピエール瀧さんについて書く。

映画「凶悪」でヤーサンの役を演じていたピエール瀧さん…。

彼の演じるヤーサンは、やっていることは確かに外道中のド外道なくらい外道すぎて全く共感できないのですが

そのヤーサン、人に対してスジを通すことについてはピカイチというか

言ってみたら田舎のヤンキーの仲間意識に近い?というか

とにかく自分の信用している人には絶対に裏切らないというすばらしい方でだったのです。

ですが

自分は裏切らない→なので仲間の裏切りは許せないという思考回路の持ち主でもあるため

彼に信用された人物が、彼または彼が信用している人に対して裏切り的な行為をすると

もれなく、彼の外道な行為を受けることができ、最終的には天国または地獄に行くことができるのです。

ちなみにそもそも信用されていない人も、たんに目をつけられるルートで外道な行為を受けることができます。

まぁ、映画の中でも外でも人を裏切らないことはとても大事ですね(´・ω・`)

裏切られた(と勘違いしてる)ヤーサンが、

独特なイントネーションで「信じてたんだぞぉ!」と子分を銃で撃つシーンが結構好きで

あんなにかわいがってた子分を…(T-T)と思いつつ

その子分は実は裏切ってなくて、本当に裏切ってる人(先生と呼ばれる男)に騙されてしまったヤーサンの哀愁漂う感じが非常にたまりません。

それを演じきったピエール瀧さんはまことにすばらしい。

でももうあの作品はもう見たくないです(T-T)

殺人シーンがひどすぎて、良心が痛むので…。

私も最近いろいろあって

信じてたんだぞぉー!の気分で某SNSのアイコンをキレてるヤーサンの時のピエール瀧さんの顔にしようかなっと思いましたが

理性が勝ったので、やめました。笑

理性が勝ったけど、せっかくなのでピエール瀧さんがすばらしい役をやっていたことを書き記しておきたいなと思って書きました。

以上です。