(°_°)電子日記帳(°_°)

日常の記録及びどーでもいー話をするブログですぞっ。

メニュー覚え書き。

こんばんわー。

 

本日は仕事休みだったので、ジムに行ったり日用品の買い物をしていました。

ジムでいつも通りメニューをこなしていたら、メニューの記録用紙が今回の分で全て埋まったので

次の用紙をもらうべくスタッフさんにお願いしに行ったところ…

スタッフさん「おめでとうございます!!当ジムの1stステップ終了となります!次は2ndステージですね~!オリエンテーションしましょう!フォーム見たりして、メニュー見直ししましょう!」

とのことだったので、次回からメニューが変わるかも?です。

 

ということで変わる前に、覚え書き的な意味も含めてメニューを書き出してみます。

・スクワット15回×3セット

→現在は鏡の前にて自重のみの負荷でやっていたのですが、もしかすると次回以降スミスマシンを用いるかも…デス。。(トレーナーさん次第ですが

・フロントランジ左右20回×2セット

→こちらも自重トレーニングのひとつ?かもです。結構キツイ。。太ももが直角に落ちるように(前のめりにならないように)するのもアレなのですが後ろ足のモモが悲鳴を上げてたりします。あと途中で右側に崩れそうになるorz

・アブダクター 50kg×20回×3セット

→お尻と外モモを鍛えるマシンで、当初は40kgで同等の回数をやっていましたが筋肉痛が訪れなくなったので負荷を上げました。負荷を上げてしんどかったですが潰れずにできるようになったので良かったデス。次回以降さらに負荷上がるかな?どれくらいがいいのかわからん。

・アダクター 50kg×20回×3セット

→お知りと内モモを鍛えるマシンで、アブダクターと同様の重量、回数をやっていました。しんどくなってくると、座っている腰が丸まってしまい(たぶん代償動作かも)、効果が弱まってしまうため、気づいたら腰と背筋ピーンを心がけるも、力が出なくなるというザコっぷり。。

・クランチ 15回×3セット

→ベンチ的なものに角度(30~45度)をつけた状態で乗り、上体を起こしていくトレーニングです。腹筋にキク感じです。

入会当時(4月下旬)は、あまりにも出来なかったのでトレーナーさんに「合計20回」を目指すよう言われましたが、回数をこなすうちになんとか15回×3セットいけるように…

でも自分のことなので信用できず、フォームが間違っていたり身体が楽しようとしているんじゃないかなと思ったりしています…。。。。

レッグレイズ 15回×3セット

→ベンチに角度はつけずに、寝そべって、上体は寝たまま、お腹をつかって腰から下を思いっきり振り上げて、ゆっくり降ろしていくトレーニングです。下っ腹にキク感じです。

こちらは当初、角度をつけたベンチでやっていたのですがあまりにも出来なかったので角度をつけない状態で試してみたら曲がりなりにもできたので、続けています。

ゆっくり降ろすときに憎い下っ腹がプルプルして痛いので、おそらく刺激が与えられているのだと思います。

次回以降は角度をつけることになるんだろうか…orz

・シーテッドロウ 40kg×10回×3セット

→肩甲骨のまわりを鍛えるマシンです。

なぜか背中の下のほうの筋肉が呼び覚まされる率が高いのでフォームが間違っている可能性が高いです。身寺もらわねば。。。

・チェストプレス 35kg×15回×3セット

→大胸筋を鍛えるマシンです。

肩を上げないこと、胸を張ること、手首全体で押すことを意識すると結構ガツンとくるのですが、回数が重なってくるとだんだんフォームが崩れてきて

ヒドイ時だと翌日ものすごい肩がこるというパターンもあるので、負荷が軽い今のうちに修正しきらないとアカンです。。。

 

バックエクステンション

→確か腰あたりの筋肉を対象としたマシンです。(何

勢いをつけてしまいがちであることと、支えている足がクネクネしていること

課題ばかりです。。

足ピターッ&勢いなしで身体の力のみで上げること、これが自分にとってどんなに難しいか…頭で理解してても身体に反映されない悔しさをトレーナーさんに愚痴ってみようろ思います(トレーナーさんごめんなさい

 

 

筋トレのメニューは以上です。

週に何回も通うことができれば、日によって部位を変えて鍛えるのもアリだと思うのですが

金銭的な事情で週2以上は難しいので、全般的に鍛えています。

 

翌日筋肉痛がくれば「ジム代のモトをとったぞ~」と喜んだりしてます。貧乏性な考え方をしています。。

あとは身体を動かしている安心感からゴハンをたくさん食べてしまう傾向にあるのですが

ジム通いの目的にダイエット(減量)もあるので、そのへんも自己管理しっかりしなきゃです。。。

 

次のオリエンテーションがいろんな意味で楽しみです。

それではこのへんで失礼します~。