読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(°_°)電子日記帳(°_°)

日常の記録及びどーでもいー話をするブログですぞっ。

戦いの日

チケットの一般販売。

それは、自分との戦いである。。

プレオーダー、先行受付(FC限定とか)などは抽選で販売されるものが多いのに対し、一般販売のほとんどは早い者勝ちとなるからである。

 

人気のある興行においては、いわゆるチケット争奪戦のようになっており

全国にいる同じ趣味の皆様、そして転売業者達と椅子取りゲームのようなことをするわけである。

もちろん後楽園ホールの椅子である。

これはもはやスポーツである。

私は、ある興行に行くためこのスポーツに臨むことになった。

自分との戦いは、一般販売開始の日程が公表されたときから始まっていた。

 

公表されたあの日から一般販売開始日の9時頃までは、毎日のほほんと過ごしていた。←コラ

 

 

 

 

そして、本日。(一般販売開始日)

10時の受付開始の15分前からスマホで某チケット販売サイトへログインし、手続きの予行練習をすること14分。

『受付開始前のため手続きできません』

この画面を飽きるほど見た。

そして10時00分。

開始時間が訪れるタイミングで手続きを進めようとスマホをポチっ。

すると、時空が歪んだのかいきなり繋がりにくくなる。

さっきまでの『受付開始前のため手続きできませーん』の勢いが全くなくなった。

どうやらサーバーの元気もなくなってしまったようだ。

 

 

 

 

ある人が言っていた。

『元気があれば何でもできる』。

 

 

こちらを逆に考えると、『元気がなければ何もできない』?

個人的には『元気があってもできないこともある』と思うし

『元気がなくてもできることもある』とも思う。。

つまりケースバイケース(思考停止)。

と地味に脱線したところで、元気の無くなってしまったサーバーが

残りの元気を振り絞って出した答えはこうだ。

イヤァオ!

ではなく『残席がないか、他のお客様がお手続きのため手続きできません。』

 

ガビーン。(古

どうやら売り切れだそうだ。

 

時計を見ると、10時01分であった。

こんなにも長い1分間があっただろうか(サーバーの元気の無さ具合的な意味で)。

そして、こんなにも早い1分間があっただろうか(チケットの売れ行き的な意味で)。

 

 

 

私の冬は終わった…。

 

 

熾烈な戦いの末、残念なことに敗退してしまい、涙と汗を流しながら甲子園の土を持ち帰ろうとする球児たちの気持ちが少しわかった。

努力も何もしていないのでバックグラウンドは全く異なるが、勝負に負けたということと

人間の形をしているという共通項だけで、もう充分共感できているのであった。

 

 

 

しかし、共感してうっとりしたり、落ち込んでいる時間は無い。

持ち前の諦めの悪さで他の公演日のチケット手続きに滑り込み、

希望していた席種ではなかったが無事にチケットを確保することができた。

それでもかなりギリギリだったようだ。

 その後もチラチラ電話かけたりしていたが、第一希望の公演日はもう取れなかった。

非常につらい戦いであったが、妙な満足感を得ていたりもする。

 

毎年やっているこの興行に、約5年前から毎年行くようにしていた。

だが、年々人気が上がっていくとともにチケットが非常に取りにくい興行になっていることも実感していた。

実は、今年はチケットが取れなかった。←上記の文章との整合性ゼロの人

だから来年は絶対行きたいと考えてたので、本当に取れてよかった。

 

 

新日本プロレスのスタッフさんや関係者さんが見ていたら是非伝えたいのが

 

転売対策をお願いしたいのと、

後楽園ホールの興行の瞬殺っぷりからして

そろそろ両国国技館あたりへ変えるのを検討していただけると助かります…。マジで。

今回は、FANTASTICA MANIAのことですが…。。

新日で後楽園ホール→すぐ売り切れる(T-T)

普段の興行も全部!とは言いません。

 

FANTASTICA MANIAは、CMLLからゲストが来る貴重な機会なので、

なんとか多くのプロレスファンおよびルチャのファンが来られる環境をお願いしたいです。。

 

感情にまかせて書いたので、乱筆ですみません。(T-T)

以上!