(°_°)電子日記帳(°_°)

日常の記録及びどーでもいー話をするブログですぞっ。

牛乳寒天の夜(^-^)

こんばんはー。

 

突然ですが私の大好物のひとつを紹介いたします。

 

こちらでございます。
f:id:uudd-lrlr-ba:20180326220749j:image

そう、こちらは牛乳寒天でございます。

セブンイレブンやローソンのデザートコーナーに君臨して以来、

私をトリコにしてやまない食べ物のひとつなのです。

今日は牛乳寒天にまつわる女子力皆無日記でございます。

 

煩悩

実はこの牛乳寒天、1つあたり180円前後の品物なのです。

それでいて、食べやすいサイズ。

Road to メタボまっしぐらの私にとっては、

ん~あともうちょっと食べたい!!というところで完食のサイズです。

毎日買うにしても、お財布的にはダメージがあるし、

ちょっと量ももう少しほしい…

牛乳寒天いっぱい食べたい…

と思っていたら「自分で作ればいいのか!」

ということに気がつきました。

 

計画

まずは牛乳寒天のレシピをチェック。

おなじみクック○゜ッドのレシピを見て材料などを確認!

そしてスーパーに行き、材料を集めていく。。

春休みなので元気で活発な少年少女たちが

自動車教習所のシミュレーターばりに飛び出してきたりしますが

うまくカゴをよけて衝突を避けましょう~。

集めた材料はこちら!

・牛乳

・粉寒天

・みかんの缶詰め

これだけでできちゃうのです!たぶん

実践

家に帰宅しておもむろに行平鍋をコンロにセット。

そして…水を少々入れてみて沸騰させたところに

粉寒天を投入。

行平鍋をガタガタ振って、溶かしていきます。

溶けたら、沸騰させて完全に液状化させます。

液状化したら、コンロの火をとめてそこに牛乳が突入ー!!!!

突入ー!!!!

ここでアクシデントが!!

牛乳の冷たさで、液状化していた寒天が固まろうとしているではないか…。(T-T)

涙目になりつつ再びコンロを点火。

ゆっくりゆっくり液状化させます。

そして、みかんの缶詰めのシロップを入れて、さらにあたためます。

大体いいなぁーと思ったら、コンロの火を止めて

お鍋のあら熱をとって、液状化した寒天を器に入れます。

そしてみかんをトッピングして冷蔵庫へシューッ!!

超!エキサイティン!!(ツク○オリジナル的な意味で)

あとは後片付けをして、調理終了ー!

挑戦

冷蔵庫にシューッしてから数時間経過した牛乳寒天を食べてみようの時間がやってまいりました。

夢まで見た(?)、器いっぱいの牛乳寒天&缶詰めのみかんたっぷりの図がこちらです。

ドヤッ
f:id:uudd-lrlr-ba:20180326223053j:image

リラック○の頭部を解剖しているわけではございません。

そんな趣味はありません。

そして食べてみたところ…

・固い

・味がしない

・固い

・とにかく固い

・みかんだけはおいしい

人生で初めて食べた牛乳寒天がコレだったら間違いなく嫌いになっているレベルのまずさでした。。

反省と目標

敗因は以下のとおり?です

・粉寒天に対して牛乳が少し少なかった?

沸騰時に少々かさが減ることを加味しておくべきだったかと思いました。

・寒天の味付けはシロップだけじゃ足りない!

お砂糖、コンデンスミルクなどで味付けをすればもう少し食べやすかったのかも

 

ということで次回の挑戦に向けて生きていこうと思います。

俺たちの戦いはまだ始まったばかりだぜ…!!!

 

 

 

ご愛読ありがとうございました\(^-^)/